<   2006年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今年は多いなぁ

Excite エキサイト : 社会ニュース  実相寺昭雄氏が死去 「ウルトラマン」を演出

http://www.asahi.com/obituaries/update/1130/003.html

ウルトラファンでこの名前を知らないという方はまぁ少ないでしょう。
実相寺昭雄。
「ウルトラマン」ではガマクジラやガヴァドン、テレスドン、ジャミラ、シーボーズ、スカイドンなどの思い出に残るエピソードを独特の演出法で描き出し、最近では「ウルトラマンマックス」でメトロン星人のアフターストーリーのメガホンをとられてました。

そんな実相寺監督の訃報をお世話になっているサイト様の掲示板で見た時は正直驚き、声もない状態です・・・

実相寺監督に限らず、今年はこういった特撮、アニメ関連の訃報が多いような気がします。

曽我町子氏 「マジレンジャー」天空聖者マジエル役等
折田至氏 「仮面ライダー」の監督等
佐々木守氏 「ウルトラマン」の脚本等
伊福部昭氏 ゴジラシリーズ作曲等
岡田眞澄氏 「仮面ノリダー」ファンファン大佐役
鈴置洋孝氏 「機動戦士ガンダム」ブライト・ノア役等
根上淳氏 「帰ってきたウルトラマン」伊吹竜隊長役
石川賢氏 漫画家 「ゲッターロボ」等

私が把握しているだけでもこのくらい。
探すともっといらっしゃるはずですが。

何だか本当に多いなぁ・・・
何なんだ?2006年・・・

それはさておきまして。
実相寺昭雄監督並びに今年お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りします。
by sonokichi | 2006-11-30 14:15 | 特撮ヒーロー

記念?

今年はウルトラマンシリーズ40周年、仮面ライダー生誕35周年、スーパー戦隊30作目・・・などなど、「節目」としての記念が多い年です。

ふと思ったこと。
「仮面ライダーカブト」って35周年を記念する作品としてふさわしいかどうか?
正直なところ、私自身は「35周年を記念する」作品としてはちょっと・・・と思う人です。
作品自体は・・・まぁ・・・イカす変人さんたちがライダーに変身してワームに立ち向かうという平成ライダーいつも通りの展開。
戦隊よりもライダーの数が多いというのはちょっと気になりますけど。

同じ記念すべき作品として「ウルトラマンメビウス」はそれまでの全ての作品に敬意を払っているのが随所に見られますが(「ネクサス」は・・・どうだろう?)、ライダーに関してはよくても「いいとこ取り」くらいしか見られないような気もします。

そもそもこれは「作り手側の意識」の問題があるような。
「メビウス」では40周年記念にふさわしい作品に仕上げようとスタッフが意識しているのに対し、「カブト」では勧善懲悪を否定するプロデューサーが記念すべき作品として意識を持っていないのではないかと。
変に意識してそれこそごった煮状態に陥られても困るのですが、全く意識しないのならば最初から「記念」と入れる必要もないわけで。
まぁプロデューサーのS倉氏は昭和ライダーに見られた「正義」というものを真っ向否定してるわけですから、正義のヒーローが誕生できないという背景も充分にないんですけどね。

最近の「カブト」を見ていて、本編よりもホッパー兄弟をネタにして楽しんでいる自分に気づいてちょっと愕然としています。
純粋に「仮面ライダー」を見ることが出来なくなっているんですね。
もちろん天道や加賀美が織り成すドラマとしての楽しみも決して否定はしませんが、どうしてもライダーの活躍といったものを楽しめなくなってきてる、そんな自分がいるんです。
そのライダーバトルにしたって、もみ合うだけもみ合って、玩具の宣伝をしているのか?と思わざるを得ないようなパーフェクトゼクターの登場→パーフェクトゼクターの毎回違う何かでのトドメ・・・
どうにも変な邪念が横から入り込んできてしまうんですよねぇ・・・
要は、ライダーのバトルは玩具の広告塔にしか過ぎない、ということです。
確かにスポンサーであるバン○イからすれば玩具を売れてほしいというのは当然なのですが、それにしても最近のやり方は随分アコギなやり方だな、と思ってしまうわけですよ。
昨年の「響鬼」では玩具、とりわけ太鼓の火炎鼓とか音撃棒などの売り上げは芳しくなかったと聞いています。
その反動からなのか、今年は大量のメカを出して、「さぁ、買え!」と言わんばかり・・・
今「カブト」を見ている子供達がこれらの玩具を欲しがっているのかどうか、市場的にどれくらい売れているのか、なんてことはわかりませんが、どうなのでしょう?

平成ライダーにしては珍しく、正義感の強い昭和のライダーテイストがプンプンする加賀美新も最近ではヘタレ化著しく、バトルでは幼虫を一掃するにとどまってますしね・・・
ガタック復権を望みます。

あ、ちょっと話が逸れてしまったようです(汗)
どうせ「35周年記念」として銘打って世に出すならば本当に気合の入った「仮面ライダー」が見たかった、と今更ながら思います。
今の「カブト」やS倉氏が携わったこれまでの作品を否定する気は全くありませんが、結局いつも通りの「平成ライダー」になっちゃったな、と苦々しく思っている部分も否定はしません。
特に最近は話にあまりメリハリがないといいますか・・・
シリアス話にギャグを平気で持ってこられても・・・てな感じです。
冷静に考えるとドレイク&ウカワーム話でのホッパー兄弟ははっきり言って蛇足にしか思えません。
その部分だけ切り取ってみれば面白いのですが、エピソード全体を見ると若干変な部分が紛れているような。
そのエピソードはギャグ部分を除けばなかなかいい話だっただけに残念です。
残り1クールを切った「仮面ライダーカブト」ですが、この先どう物語を収束させていくか、本館のレビューをしながら見守っていきたいと思います。


来年も・・・やっぱりライダーっぽいですね・・・
「電車」?なんだそりゃ?それではもう「ライダー」じゃないだろう・・・?
とりあえずプロデューサー陣(特にS倉氏)を外に出して脚本のI上氏が一度も関わらない作品を見てみたいものです。
S倉氏が関わらなかった「剣」や「響鬼」前半は個人的にかなり良かったし、周りからのウケも良かったようですしね。
※I上氏は「剣」では一部脚本を担当、「響鬼」では路線変更後の後半メイン担当。
毎年同じような人たちが作れば食傷気味になるのもそりゃ当然か。

その前に・・・もう「仮面ライダー」じゃなくてもいいんじゃ・・・?
平成の、特に「龍騎」以降は「仮面ライダー」というブランドがなければ個人的にはスッキリとして見られたような気もするんですよね。
Mr.N氏がおっしゃっていたのですが、今のライダーが「異色」であると。
ですが、「龍騎」の悲劇的なストーリーは好きだし(最終回手前なんかねぇ、泣きそうになりましたよ)「555」は多くの人間が織り成すドラマは評価しています。
そうは言っても、もう「ライダーじゃないライダー」はお腹一杯、だと思うんです。
集団暴行するライダーはたくさんだ・・・バイクに乗らないライダーはたくさんだ・・・
孤高のヒーローとしての仮面ライダーが見たい・・・と思う次第であります。

悲~しみ~を乗り越えて独り~独り~戦う~♪
by sonokichi | 2006-11-29 18:11 | 特撮ヒーロー
これといって何か書くことがあるわけでもなく。
毎週火曜日恒例のDVDレンタル行ってきた、くらいしかここで書くことはないですね。

今回借りたラインナップ

・「機動戦士ガンダム第08MS小隊」Vol.4
・「ウルトラマンネクサス」Vol.7~10
・「超獣機神ダンクーガ」Vol.3~4

「08」と「ネクサス」はこれでラストだから来週以降はどうしようかな・・・?
「ダンクーガ」はまだ続くし・・・
「エルガイム」?「Vガン」?「Gガン」?「ΖΖ」?
意表をついて「ジャイアントロボ THE ANIMATION」?

・・・スパロボ巡りの旅はまだまだ続きそうです。
その前に、今回借りたやつが全て見られるかどうか。
今週は特に忙しいからなぁ・・・
by sonokichi | 2006-11-28 17:26 | 日記

もう師走も目の前か

気がついたら11月も末。
12月が目の前に迫っております。

それすなわち2006年が残り1ヶ月ということ。
今年は前厄&本厄ということもあってか、散々な年でした。
特に5、6月が一番。
その頃のブログには出さぬようにかなり気を使っていたのでそういった表現はないかもしれませんが。

・・・厄払いにでも行ってこようか・・・?

2007年は今年よりはマシな年になるといいなぁ・・・


追記:
6月のブログを見返してみたら、結構グチだったりなんだったりこぼしまくってますね・・・
by sonokichi | 2006-11-27 20:57 | ぼやき

今日は控えめに・・・

前日の獅子祭りで興奮しすぎたせいなのかはわかりませんが、どういうわけか数十分前に・・・


鼻血が出ました


と、いうわけで今日のところはコレくらいにしておきたいと思います。
興奮のしすぎはいけませんな。

では、バイト行ってきますか。
前日の失敗を踏まえて少し大人しくしていよう・・・
by sonokichi | 2006-11-26 16:52 | 日記
ウルトラマ~ンレ~オ~♪

そうです復活です!
獅子の瞳が輝く時が!

レビューは本館のコチラに書きましたんで、興味ある方は是非。
これからバイト行かにゃならんので、帰ってきてから加筆・修正もするかもしれませんが・・・

では続きはバイトから帰ってきてから書きたいと思いますです、ハイ。

では、深夜にまたw


と、いうわけで帰ってまいりました。
ついでにもう一度「メビウス」34話「故郷のない男」を見返してコレ書いております。

いや~・・・
いいわ!レオいいわ!
ダイナミックな宇宙拳法、そしてレオキック!
ああ・・・来週のババ○ウ星人と合わせてしばらくは獅子復活祭が続きそうですね。

登場BGMに前期OP「ウルトラマンレオ」を使ってるなんてもう・・・!
「レオ」の主題歌は2曲ございますが、私がお気に入りなのは前期(13話まで)の「ウルトラマンレオ」。
悲壮感漂うこのメロディが「レオ」の暗めなOPの背景にマッチしてますし、今回のタイトルに使った部分から一気に盛り上がるのがとっても大好きなんですよ。
レオの生い立ちから考えてもぴったりですし。

かといって別に「戦え!ウルトラマンレオ」が好きじゃないかと言えばそんなことはなく。
戦闘BGMとしてなかなかいいと思いますよ。
ただ、残念なことにOPの背景にマッチしていなかった・・・


さて、バイトにレオの興奮冷めやらぬまま行ったら、物凄いハイテンションでお仕事をすることとなりましたw
今までにないハイテンションぶりだったので周りの人からも「どうしたんですか?」と心配される始末(汗)
バイト先では責任者様と一部の人間以外には特撮ヲタであることをカミングアウトしていないので、さすがに「ウルトラマン見たからこうなりました」とは言いにくい・・・
特に女子高生軍団には・・・

ただ、責任者様はモロにウルトラ直撃世代なので、今回のエピソードを録画していることを知ると、「貸して!」と言ってきましたw

それにしましても、今回のハイテンションぶりは今までになかったくらい高かったと思います。
野球が終わってしばらく鬱屈した毎日だったから、溜めていたものが吹き出たか?
まぁそんなハイテンションで2時間以上ぶっ通しで接客しまくっていたらどうなるかなんてわかりますよね?


そう、バテましたとも。


休憩を挟んで残り2時間。
完全にガス欠状態で、言うなれば「明日のジョー」状態。
燃え尽きた・・・
または「ウルトラマンマックス」のモエタランガの影響下にある人でしょうか。

22:00以降が混まなくて本当に助かりました。
ガス欠状態でピークが来たらどうなっていたやら・・・

帰ってきてレオパワー注入!復活!
しかし・・・
今現在2:39。
どうやって朝まで過ごしましょうか・・・

眠れないことは確実です(滝汗)
by sonokichi | 2006-11-25 18:29 | 特撮ヒーロー

ドライブ

今日は婆様がデイサービスに行っていて不在だから、夕方までは充分に羽を伸ばせる素晴らしい日でした。
・・・え?本館の更新?

・・・ゴメンナサイ、書いてはいるんですけど・・・まだ・・・アップするまでには・・・

それはそれとしまして。
納豆シティまでちょっとNEWジャビ号の慣らし運転がてらドライブに。
運転中に聴いていた音楽は先日衝動買いをしてしまった「機動戦士ガンダム」~「機動戦士ガンダムΖΖ」までのTVシリーズに使われた主題歌・挿入歌を収めた「GUNDAM SINGLES HISTORY」。

・・・CDコンポがついて結構得したもんだなぁ。
前のミラちゃんはカセットだったしなぁ・・・

「シャアが来る」は相変わらずすんごい曲ですこと・・・
シャア!シャア!シャア!! シャア!シャア!シャア!!って・・・
この曲を聴くと思い出すのが、昨年行った教育実習で、放送委員だった生徒が私をガンダム好きと知って訊いてきたのが「ガンダムの曲で流してほしい曲ある?」という質問でした。
あまりメジャーなのを選曲するのもアレなので「シャアが来る」と「哀戦士」なんて答えたら・・・

その日の給食の時間に本当に流してくれました。

まずはTV主題歌の「翔べ!ガンダム」から始まって、続いて「シャア」と「哀」が・・・!
おまけに「めぐりあい」まで流してくれよって・・・!
燃えあが~れ~♪燃えあが~れ~♪燃えあが~れ~ガンダム~♪と流れてきた瞬間に食べてる御飯を吹きそうになりましたとも!

他の生徒達の反応→「またか・・・」

日常茶飯事だったようです。


さて、それはそれとしまして。
今年は気温が高い日が続いたせいなのか、あんまり紅葉がよくないのでしょうか。
あんまり綺麗だな、と思えないような感じです。
私が住んでいるH市の山を見ても、鮮やか・・・とは言えないような気もしますし。

まぁその辺は専門家でもなんでもないからわかりませんけどね。

久々に羽を伸ばすことが出来ましたが、来月はこんな感じで羽を伸ばせる日が来るでしょうか・・・?
楽しい(超皮肉)12月になりそうな予感ですので・・・


追記:「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER」がDVDで出ましたね。
さて、どうしよう?
見るだけ見て本館でネタにするか黒歴史として封印するか?
とりあえずもう種シリーズは終わりにしとけと思いたい今日この頃。
バンダイのアコギな販売商法に引っかかってしまうのはどうにもなぁ・・・

同じネット配信作品ならメビウス外伝の「ヒカリサーガ」をDVD化してほしいと思う今日この頃です。
by sonokichi | 2006-11-24 17:39 | 日記

空き

過去のそのきち伝説でも。

あれは高校2年の冬でしたか。
ちょっと何でだったかは忘れたのですが、病院にかかりに行ったんですよ。
普段は風邪引いても行かないのですが・・・
まぁそれはそれとしまして。

普通に診察が済めばよかったんですけどね・・・
私の順番になり、診察室へ。
私が椅子に座るなり、お医者様はおっしゃいました。


「お仕事、何なさってるんですか?」






・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・・・。






まだ高校2年生だっつうの!

手元にあるカルテとか保険証見てくれよ!
私が中卒で働いている人間に見えたんかぁ!!

それとも昭和32年生まれの親父に見えたんか!?

内心激しく燃えたぎっているのを抑え、

「あの・・・まだ高校生ですけど・・・」

と言いますと、お医者様は「えっっっ!?」と言って慌ててカルテ確認。
「ああ、すいませんねぇ!」と取り繕う始末。

オイオイ・・・


・・・そんなことがあった高校2年の冬でした。
by sonokichi | 2006-11-23 12:08 | その他

なまえ

ふと思ったのが最近の名前事情。
完全にそうは読まない漢字でも無理矢理当てて読ませたり、難しい漢字を当てまくってるパターンとかありますよね?
例えば「騎士」と書いて「ないと」とか、芸能人の子として発表したりする難しい名前とか。
別にそれは流行とかなのだろうし、別に各家庭の好き好きでいいんじゃないかと思います。

で。

何でこんな話になったかといいますと。
私のファーストネームが非常に難しい名前だからなんですよ。
昨日のバイトでかれこれ1年以上も一緒に仕事をしている方からこんなことを訊かれたのです。

「そのきちさんの下の名前って・・・何て読むんですか?」

「え・・・?タイムカードに書いてあるよね?」

「読めません」

「・・・・・・・・・・・・・・・やっぱり?」

そうなんです。
読めないんです。
まず漢字を読んで一発で言い当てる人はいないほどです。
一応、漢字の読みとしては間違いじゃないんですけどね・・・
かつて私の名前を一発で読めたのは高校のときの国語科教諭のみ。
しかもただ一人。

名前の思い出にはロクなことがありません。
小学生のころ表彰を受けたことがあるのですが、全校生徒が集まっているその場所で、司会進行役の先生が間違えやがったんですよ。

「○○○、○○××君」

○が正解で×がハズレの部分。
知っている人からは失笑を買い、担任の先生は苦笑い。
そして壇上に上がった瞬間に司会の先生がナイスタイミングで訂正しやがりました。

「すいません、訂正です。○○○、○○○○君でした」

後々しばらくネタにされるハメに。
訂正ならもう少し早くしてほしかった・・・!


もしも自分に子供が出来たら、難しすぎず、安易過ぎない名前をつけてやろう、と秘かに思っているそのきちでした。
名前で冷やかされたり、馬鹿にされたりすることでツライのは名付けられた当の本人なのだから・・・
子供云々の前に嫁さん探しですけど

ちなみに私と同じ名前を持つ人は今まで生きてきてお目にかかったことがございません。
何しろ、古臭い名前ですからねぇ。
同じ名前を持つ歴史上の人物に、江戸幕府の老中になった人がいますね。
誰とは言いませんけど。
それに漢字も違いますし。
他には戦国武将に2人確認。
さらに、真田幸村で有名な真田家にも同じ名前を持つ人を2人も確認しました。

結構楽しいものです。
自分と同じ名前を持つ人を探すのって・・・


話は変わりますが、ワンちゃんが救出されましたね。
よかったよかった。
by sonokichi | 2006-11-22 12:15 | その他
何といいますか、私はかなりのドジな人間といいますか・・・
ウッカリ者といいますか・・・

今日、借りてたDVDを返しに行こうとTSU○AYAへ行ったんですよ。
そしたら・・・


そのDVDを忘れたまま家を出ました。


気づいたのは店に着いて車を降りようとしたその瞬間。
バカですね。

ビデオないのに気づいて~♪そのままドライブ~♪

なんてことになるハズもなく。
仕方ないから家に取りに戻るハメになりましたとも。

そしてさぁ袋持った!今度こそ返しに!
と、意気揚々と向かっていたらその道すがら・・・


一つがデッキの中だ!と思い出しました。


再び帰宅。
3回目の外出にしてにやっとこさ返却出来ましたとさ。

ちなみにこれは初めてではないです。
過去に2回ほどやってます(汗)


さて今回借りたのは・・・
「ウルトラマンネクサス」Vol.3~6 (姫矢編ラストまで)
「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」Vol.1~3

「08」だけ何故か最終巻が貸し出し中。
来週ですな。

本館の方の趣味部屋書くためにもう一度作品を見直してるんですが、ここのところ誰も見に来てないから牛歩更新でも問題なし。
常連さんがみんな忙しいんでしょうねぇ・・・

もしくは飽きたか。

飽きられてもしょうがないような内容ですから致し方なし。
このまま本館放置という手も・・・

クックック・・・
by sonokichi | 2006-11-21 19:01 | 日記

毎日更新する気力を失ったブログ不定期運行中


by そのきち