春眠暁を覚えず

午前中、婆様の妹様が来訪。
この方々が来てくれると婆様の面倒を任せられるので楽。
話に付き合わなければさらに。
人の話を聞かない上にエンドレスで同じ話を聞かされるほど辛いものはありませんが、今日はどうやらその心配もなさそうなので、自室へ戻ることに。

用事があるということなので昼を待たずして妹様は帰り、昼食を出し、洗濯物をこんで、午後からは高校野球を眺めていたら・・・
婆様が下から怒鳴り声を上げて呼んでいる声がするので起きてみると17:00。
記憶が綺麗にすっ飛んでいます。
いや、ところどころ物音やテレビから聞こえてくる歓声で目を覚ましはしたのですが・・・

お呼び出しのようなのでリビングに行くと何と先日手術した伯母様が来ているではありませんか!
昨日退院したのは電話で聞いていましたが、まさか今日来るとは!
術後の経過も良好みたいなので何よりでありました。


・・・それにしても、来たのが全然わかりませんでした。
チャイム鳴らさんで入ってくるから気がつかなかったようです。
熟睡していたみたいですねぇ。
春の気持ちいい昼寝なんて随分久しぶりのような。
時間がもったいないような気がしますけれども、今日は何かと気分がいいので、よしとしましょう。

先々週書いた辛い状況にある仲間が立ち直ってくれたみたいで。
夕べ開催されたチャットで久しぶりに帰って来てくれたのがとても嬉しかった・・・!
それだけでなく、他にも嬉しいことが、「おめでとう」という言葉がたくさん飛び交った昨晩のチャット。
おかげさまで今朝の目覚めもよく。
眠気まなこでゴーオンを見ながら起きられました。



さて、そういうわけでいつものようにガンダムとゴーオンの感想を書かせていただきましょうか。
強引な展開でごめんなさいです。







・炎神戦隊ゴーオンジャー
警察学校では読唇術を学ぶのでしょうか?
いや、それはいいとして。
軍平の見事な読唇術で素敵な誤解を生みまくった今回。
いいキャラですよ、この黒い人は。

走輔は早輝に気あり?
というよりもどちらかというと父親のような感じにも見えますね。
ブルー=連がゴーオンジャーの母親ならば、走輔が父親?
流れで言うと早輝が娘・・・

まぁ今回はこれくらいでしょうか。
走輔はとりあえずお馬鹿キャラで確定ということで・・・


・機動戦士ガンダム00
メインキャラにこれだけ人死にが出るのは「V」以来でしょうか。
本放映当時も軽ーくトラウマになりましたしね。

もうまともに戦えるのはエクシアだけというソレスタルビーイング。
プトレマイオスにまともな武装はついていませんし。
そこに第1シーズンラスボス格のアレハンドロを持ってくるとは・・・
スタッフはどれだけSなのでしょう。
アムロ何処行った。

キュリオスはほとんど半壊状態、ナドレは完全大破。
それでもジンクスは撃破するし、コーラサワーさんは変な見せ場を作って逝くし。
いや、正直ここまで粘るとは思っていなかっただけに、大健闘でしょうか。
人革連組の最期は次週に持越しでしょうか。
ドラマは前半でやってしまっただけに後半が戦闘以外でほとんど空気と化していたキュリオス&人革連。
どう見てもアレルヤにドラマ的出番はこれ以上望めそうではありません。
戦死組にリストアップか・・・
その前に、彼らに決着はつくのか?(予告は真っ先に「キュリオスが散る」と古谷さんに言われておりますが)

逆にティエリアはまだまだ謎を残してるだけに第2シーズンまで生き延びそうな雰囲気。
これで簡単に死んでおしまいだったら納得いかん。
あのまま宇宙漂流して酸素欠乏症になって第2シーズン主人公に「ガンダムの性能が上がる回路」を手渡して・・・(それは先週のコメントでネタにしたでしょうが!)

・・・誰か忘れているな、と思ったんですよ。
何だか肝心な人がいないな、と。
AEUの天才エースパイロットのコーラサワーさんはお亡くなりになったし、人革連組は相変わらずだし・・・
そういえばユニオンのアノ人がいないではありませんか!
グラハム・エーカーさん!
迷言王子!
そういえばこの決戦にも参加せずに何をしてるんだか。
最終回で刹那とアレハンドロの戦いに乱入する機会でも窺っているのか?
生き残ったら第2シーズンの主人公として出てきたりして(ないない)。

来週でとりあえず第1シーズンは終わりますが・・・
かなり消化されていない謎がまだまだ多すぎです。
第2シーズンでちゃんと消化してくれるんでしょうか?
「機動戦士ガンダム00 R2」に期待、ということで(何)
・・・期待、していいのかなぁ・・・
ある程度時間が経つであろうことは想像に難くないですけど・・・
とにもかくにも来週で一段落・・・するのか?
by sonokichi | 2008-03-23 21:08 | 特撮ヒーロー

毎日更新する気力を失ったブログ不定期運行中


by そのきち