異臭との戦い

今回のタイトルと本編内容は一切関係ありません。
いつもこのタイトル欄が困るのですよ。
つけないと投稿できないし、かといって気の利いたタイトルなんてそうそう浮かぶものでもないし・・・
と、いうことで本日最も苦労したことをタイトルに持ってきました。
内容を書くと読む方が吐き気を催す可能性が高いので書きませんが。
私はとても我慢出来ませんでしたが。

さて、土曜の感想でもいきますか。
再来週からは「大怪獣」も終わってしまうので、ガンダム感想は日曜にまとめて書いちまおうかと画策中です。







・機動戦士ガンダム00
・・・沙慈くん・・・ルイス・・・
えっと・・・
なんていうかね・・・
物語に絡んでくる気がないなら、大人しくしてようね。
出るアニメを間違えていませんか?
彼らの存在がいろいろとぶち壊しにしているような気がしてなりません。

う~~~~ん・・・

他に何を言えばいいんだろう・・・

珍しく刹那&ティエリアの連携も見れたし、ロックオンの過去も明かされたし、刹那の本名も明らかになったことだし、ヴァーチェも久々にキャストオフしてくれたし・・・

でも、何だろう、この、何か釈然としない感じは・・・
この変なモヤモヤ感はどこへ持っていけばいいんだろう・・・

あのバカップルのせい・・・?


余談ですが、ヴァーチェのパージされた装甲はティエリアが一人で拾い集めたのでしょうか(笑)
絶対に装甲は渡さん的な執念でやりかねませんが。


・ウルトラギャラクシー大怪獣バトル
レイブラッド。
宇宙人の名前でしたか。
てっきりレイの血か何かと思ってましたが(苦笑)
レイの正体が純然たる地球人ではなく、レイブラッドの遺伝子を継ぐ者。
本名はレイモン。
・・・OPで既にその存在は確認されてましたけどね(笑)

ゼットンが圧倒的な強さで3大怪獣を翻弄してくれました。
動き方が・・・普通の怪獣すぎてちょっと苦笑気味ではありますが、まぁ動きを言ってしまったらその他の怪獣全てに言えることになってしまいますからね。
ゴモラはあんな俊敏じゃないとか。

ただ、ちょっとだけ。
ゼットンといえばテレポートとかを駆使したトリッキーな動きをする・・・というのが私の認識ですが、いかがでしょう?
ゲームでも、スーファミ時代の「ウルトラマン」でもウルトラマンの攻撃をテレポートで避けてくれたり、「Fighting Evolution」でも急に消えたり、とゼットンの戦い方には必ずつきものだった気がします(番組上必ずしもそうではなかったかもしれませんが)。

私の記憶が確かならば、ですけどね^^;


いよいよ次回が最終回。
レイはゼットンを、キングジョーブラックを倒せるのでしょうか?
そして、あの人は・・・?

大怪獣バトルファイルに怪獣と認定でもされてしまったのでしょうか(笑)ウルトラマンが登場。
確かにあの短時間でウルトラマンに語れと言われてもそりゃあ酷ってもんでしょう。
クマノさんが言っている言葉が非常に気になります(ニヤニヤ)

赤いヤツの時は「まさか・・・」と思ったあの嫌な予感が当たってガッカリしましたが、こちらは、まぁ。
でも、せめて「大怪獣バトル」というタイトルを台無しにしない程度にお願いしたいかな、とは思います。

今日はそんなところでしょうかね。
by sonokichi | 2008-02-16 21:02 | 特撮ヒーロー

毎日更新する気力を失ったブログ不定期運行中


by そのきち