ストーブリーグに入るわけですが

巨人から小笠原道大、谷佳知の両名が戦力外通告、と。
出来れば巨人でユニフォームを脱いでもらいたかったのですが。
両名共に現役続行を希望しているのでは、止むを得ないところはあるんでしょうけど・・・
もう少し何とかならんかったのかなぁ。
今言えるのは、巨人へ来てくれて、そして数度の優勝に貢献してくれてありがとう、か。
新天地でもう一度輝けることを願っております。
巨人には出来れば優しくして頂ければ嬉しいですが

キャンプインまでは契約更改、FA選手の動向、海外挑戦の話題が大半を占めるプロ野球ですが。
今年は西武の涌井、片岡、広島の大竹などが宣言するのでは?と現時点では言われているところ。
巨人の弱点からすると、そりゃ、先発投手とセカンドは確かに手薄な部分多し。
投手では、先発で計算出来るのが内海、菅野の両名のみであることを露呈した日本シリーズでしたが、来年は杉内、澤村の復活、宮國、今村、小山、阿南辺りの台頭が・・・あるかどうか(ホールトンは現時点でいるかどうかすらわからない)。
不確定要素が多いことを考えると、先発一枚は確保したい・・・とは思いますが。
かといって、涌井や大竹に手を出して、補償で若手持ってかれること考えたら、この二人を全力で取りに行く必要があるだろうか?
涌井はここ数年先発失格の烙印を押されているし、大竹は今年二ケタ勝ったとはいえ、そこまで期待出来る選手だろうか?ましてや争奪戦でマネーゲーム繰り広げてまで取る必要があるか?
そう考えると、積極的に行かなくても、現有戦力の底上げだけでまだどうにかなるような気がしないでもありません。
セカンドも、寺内や中井がいることを考えると、競争を煽る意味ではいいかもしれませんが、やはり補償を考えると、無理に行く必要はない・・・とは思います。
どの面子を見ても、これ以上の成長を期待出来るかどうか、かなりのリスクがあるように思えます。
by sonokichi | 2013-11-04 22:36 | 野球

毎日更新する気力を失ったブログ不定期運行中


by そのきち