大丈夫かいな

来年の巨人。

ポストシーズン争いに負けたチームは当然ながら来年へ向けてチームの再編成が主の話題になるわけですが、巨人はちょっと大丈夫か?という話題がチラホラ。
コーチ陣を刷新するとのことで、吉村、香田の両コーチが退団、新しく入ってくるコーチとして、戦略コーチに橋上秀樹(ヤクルト→日ハム→阪神)、一軍バッテリーコーチに秦真司(ヤクルト→日ハム→ロッテ)が就任。
まぁ吉村も香田も、コーチとしての技量は疑問符をつけざるを得ない点が多々あるので止む無しではありますが、代わりの橋上は楽天でも野村政権時のヘッドコーチとして評価も高いのでいいとして、秦「バッテリー」コーチ?
確かにヤクルト時代の秦はキャッチャーでしたが、野村監督に失格の烙印を押された上に古田に押し退けられる形で外野に転向したと記憶していますが・・・
打者としての秦はこれでもかってくらいにいいところで打たれまくった記憶があるだけにちょいとこの人事は疑問符。
ちなみに、秦といえば、珍プレー好プレーでも取り上げられましたが神宮球場での表示名「はた」が打つ以上に印象に残ってたりします(笑)

2軍の方はこれまでヤクルト等でも若手投手を育て上げてきた小谷投手コーチが今季限りで退団し、代わりに阿波野&豊田。
・・・阿波野って・・・
堀内政権時に巨人の投手陣を大崩壊時代に追いやったあの阿波野じゃございませんか。
しかもその後横浜に招かれてそちらも大崩壊させたという。
当時は工藤とかがいて遠慮しがちなコーチングだったとか聞きますが、正直なところこの実績でコーチ就任させるとは何考えてるんだというのが本音。
豊田は引退後、初めてのコーチということで未知数ですからまだこの時点では何とも言えません。

と、まぁこんな感じでコーチングスタッフの人事を見るといろいろ「?」が浮かばずに入られません。
ヘッドコーチにもう少し監督にモノ申せる人が欲しいですが。
岡崎ではどうしてもそれが不足しているとしか。


選手の方はというと、ラミレス、グライシンガーが退団確実。
ラミレスが痛い・・・かというと私はそうは思いません。
帳尻合わせのバッティングとあの酷い守備がなくなるだけでもまだマシ。
後は橋本なり松本なりサブローなり大田なり出てくるでしょ、と。
で、その穴埋めに横浜の村田修一をFAした時に備えて調査してるという話ですが。
・・・穴埋めどころか広がるぞ?
横浜ファンには申し訳ありませんが、ラミレス以上のゲッツーロボ(阪神・新井に次いでリーグ2位)と低打率、チャンスに弱く(しかも得点圏打率2割以下って!)帳尻合わせ気味な選手を獲得してどうするんだ?
要らんから中井使ってくれ。
村田と中井ならば、同じ凡退でもまだ中井の方が納得行きますわ。

何だか迷走してるような気がしますよ、今の巨人は・・・


余談
日ハムから指名を受けた菅野が浪人して来年のドラフトを待つなんて報道がありますが・・・
別に指名拒否は本人の気持ち一つだからよいとしても、断るならばそれ相応の態度で礼を尽くした上で断ってくれんとね。
ドラフト後の対応は家族含めてかなり酷いでしょ、アレは。
あんな揉め事起こした上で来年巨人なんて言われても素直に応援出来ません。
by sonokichi | 2011-11-04 20:57 | 野球

毎日更新する気力を失ったブログ不定期運行中


by そのきち