お互いの今後に影響が出ないといいけど

昨日の巨人×広島戦。

広島の投手・今村猛が投じたボールがすっぽ抜けて巨人の打者・長野の頭部に直撃。
これにより両者共に危険球・負傷退場。
やたらと解説の北別府&小宮山が長野の打席中に汗だくの今村を見て「アンダーシャツを着ないで汗垂れっぱなしだとすっぽ抜けるんじゃないか」という主旨の解説をクドいくらいにしておりましたが、その危惧が最悪の形で出てしまいました。

病院直行した長野の容態はというと、診断結果は左頬骨の骨折。
登録は抹消せずに様子を見るとのこと。
とりあえずは一安心といったところでしょうか。

ただ、この一件で心配なのが負傷以上にぶつけた側・ぶつけられた側の精神状態。
今村はまだ高卒2年目の若手投手。
これがトラウマになってインコースに投げられなくなって潰れてしまわないか。
巨人ファンとしては2000年入団の三浦貴(いつだったか、TOSのスポーツマンNo.1決定戦で総合1位を取った選手)の悪夢が蘇るだけに。
彼も入団1年目は貴重な中継ぎとして活躍したものの、2年目の2002年に広島の緒方孝市の頭にぶつけ、それ以降投手としてダメになって野手転向・そのまま芽が出ず移籍・引退となりましたもので。
※本人がこの一件でインコースに投げられなくなったことはないと発言もしているようですが。
今度の金曜からも巨人×広島の3連戦があるので、元気に出てきてくれることを願うばかりです。
さすがに頭部死球は勘弁ですが^^;

長野の方はこれがトラウマになってアウトコースの球に踏み込めなくなったらかなりの死活問題。
彼の場合はホームベースからかなり離れて立つという独特の打ち方をするだけに、外の球に対応出来なくなったら打者としてアウト。
西武のおかわり君こと中村剛也とか現ソフトバンクホークスの監督・秋山とかのように何事も無かったかのように数日で出てきてまた打ちまくってくれれば良いのですが、こればかりは何とも。
また、短期間で復帰したとしても骨折箇所にボールがまたいかないか心配。
昔近鉄にいたマニエル(あちらはアゴですが)みたくフェースガード付のヘルメット着用するくらいでないと見ていて怖いです。

何にせよ、悪意あっての行為の結果ではありませんから、両者共に尾を引くようなことにさえならなければ、それでいいです。
by sonokichi | 2011-08-08 21:33 | 野球

毎日更新する気力を失ったブログ不定期運行中


by そのきち