ジンクス健在

実は行ってました、7/1(金)の巨人×中日戦。
7月から木金が休みになったモンでしてね。

で、試合は言わずもがな。
私が持つ20年近く巨人戦を球場で観てきて未だ破られていないジンクスの餌食と相成りました。
何のジンクスかって?
中日戦は必ず大差でボロ負けするか終盤の劇的逆転劇で敗北する、というもの。
今までも何回リードした状態で9回を迎えたか・・・
そして何回劇的な逆転劇を見る羽目になったことか・・・
何なんだ、コレは?

こんなジンクスがあるもんだから、ここ数年中日戦を控えていたのですけれども。
そろそろいいんじゃないかなんて思ったのが大間違いでした。

冷静に試合を振り返ってみれば。
巨人が内海、中日が吉見とエース格同士の投げ合い。
高橋由伸の3号ソロで巨人が先制し、中日が小池のタイムリー(+ラミレスの緩慢守備)にて同点となって8回表まで1-1の同点。
8回裏に内海の代打・ロッテから移籍してきたサブロー(登録上は「大村」ですが、せめてブログとかではこう表記します)がいきなり初球をレフトスタンドに運んで2-1とリードして9回を迎えたはずが・・・
クローザーとして送り込んだロメロが見事に裏目ってくれましたとさ。
ロメロの選択そのものは責めませんが、見切りをつけるのが若干遅かった・・・
せめてグスマンのポテンヒットの段階で久保にスイッチしていればまた違った結果になったのではないかと悔やまれてなりません。

とりあえずロメロはこうも抑え失敗が続くとクローザーは任せられないということは確か。
試合後に2軍降格が決まったようですし。
出直しですね。
巨人のクローザーはこうなってくると現状誰が適任なのか。
アルバラデホも今は大差の状況ですら抑えられないですし、山口は開幕直後に失敗しているし。
と、なると残りは久保や越智になりますが。
現状は久保が適任だろうか。
越智はここ数試合失点しているし、何よりも最大の武器であったストレートが140km/hそこそこしか投げられない状態。
これではフォークも活きません。
抑えをやるには不安が残ります。
西村という選択肢も無きにしも非ずですが(個人的には推したい気持ちもある)、ロングリリーフの出来る中継ぎがいなくなるのがネックですし、何よりもクローザーとして出すと四球乱発する危険性も十分ありますからね。
やっと解消出来た・・・と思った中継ぎ以降が再び不安を露呈しておりますが、どう立て直すんでしょうね?


この日(巨人側の)最大の見所はやはり8回裏のサブローの代打ホームラン。
鳥肌が立つくらいに興奮しました。
名前のコールの際にも「内海に代わりまして、大村、三郎」と苗字が被っていない限りは読まないフルネームコールというドーム側の配慮も。
あれだけの大歓声で迎えられてプレッシャーのかかる場面で、ホームランバッターではないのにいきなり挨拶代わりの一発。
さすがの一言です。
せっかくのお立ち台チャンスがフイになっちまいましたが、今後とも宜しくお願い致します。
そろそろ高橋信二にも結果が出て欲しいところですが・・・
by sonokichi | 2011-07-02 01:00 | 野球

毎日更新する気力を失ったブログ不定期運行中


by そのきち