無様な試合を観るつもりが

そんなことを書いたときに限って勝つという。
と、いうわけで4/30、横浜スタジアムに行ってきました。

f0098679_19572567.jpg


ハマスタに行くのは実に4年ぶり。
2007/9/1に中華街の呪いを食らって以来です。
しかしながら、この日は中華街に行く予定は立てておらず。
・・・だから勝てたのか?
せっかく逆転負け食らったときのネタも考えていたのに。

巨人の先発はドラフト4順目ルーキーの小山雄輝。
いきなり新人に先発をやらせてどうなることか・・・と思いつつも、もしかしたら・・・と淡い期待を抱いて始まった試合でしたが、結果としては半々。
4回2失点で勝ち負けつかず。
ただし、ストレートが高めに浮きまくっているのがスタンドから見てもわかるあの内容でよく2失点で片付けたというべきでしょうか。
一度も横浜打線相手にリードを許さず、試合をブチ壊さずにマウンドを降りたのは十分すぎるくらい上出来と思います。
この3連戦における他の先発投手のゲームクラッシュ振りを見ていればそう言いたくもなりますが。
ゴンザレスもトーレスも小山も4回でマウンドを降りましたが、回の途中でランナーを散らかすだけ散らかして救援投手にバトンを渡した前2人と4回を投げきって代打にて降板した小山とは雲泥の差があるでしょう。
次も先発で出るそうなのでどんな投球をするか期待が持てそうです。

ただ、4月の時点で中継ぎ陣の負担がかなり大きいのが気になるところ。
先発でまともに7回まで投げられるのが東野、澤村の2人(調子良い時の内海もいれれば3人ですが)。
あと2枚くらい先発で試合を作ってくれるのが欲しいですが、朝井や藤井、福田といった面々が軒並みダメなのだろうか。
トーレスと小山がここに入ってくれれば言うことなしですが、どちらもまだ様子見の段階。
前者は前の阪神戦で投げた時はそれなりに仕事をしましたけれども、今日は(5/1)はいきなりの自滅。
どちらが本当の実力なのやら・・・
一応、山口が2軍に落ちたとはいえ、ロメロをクローザーにして越智と久保がセットアッパーとしてそこにつなげるという形がおぼろげながら見えてきただけに先発が試合をそこまで繋げてくれなければ意味がありません。
ここに山口が万全の状態で戻ってきて、この日勝利投手になったアルバラデホがモノになってくれれば後ろの問題は解決するんですけどね。
アルバラデホの状態もスタンドで見ていた限りでは制球力も前評判通りで緩急も上手く使えそう・・・というイメージですが。

この試合で個人的に嬉しかったのは田中大二郎の今季初安打でプロ初長打。
ランナーの鶴岡が失速してなければプロ初打点までついたかもしれませんが、過ぎたことを語っても仕方なし。
試合前の練習でもライトスタンドに結構打ち込んでいたので、これはひょっとして・・・と期待していたら代打という一打席勝負でしっかり結果を残してくれました。
小笠原がいつまで出来るかわからない状態に、こうやってファーストの後釜候補が育ってくれれば文句はありません。

今日から5月に入りましたし、本拠地にも戻れますし(まだまだ節電の問題とかありますけど)、何とかチーム状態が上向いてくれれば・・・と思った今回の横浜スタジアム行きでした。
by sonokichi | 2011-04-30 23:59 | 野球

毎日更新する気力を失ったブログ不定期運行中


by そのきち