ウェーイ!

本日はヒーローづくしって感じです。
スーパーヒーロータイム&「仮面ライダー剣」。
本放送観てDVD観て・・・
グダグダと参ります。


「獣拳戦隊ゲキレンジャー」
グレたラン・・・
何だか髪を下ろすとメレ様と見分けがつかない気がするのですが、気のせいですか?
それ以上に衝撃的だったのは美希さんの過去&エンディングのスケ番(笑)
逆らいたくないものですね^^;

臨獣殿ではジェネラルシャドウ様(違)が登場してカタとラゲクがあっという間に下っ端に。
過激気に対して怒臨気・・・
ネーミングはイマイチでしょうか^^;

ゲキレンの新メンバーよりもジェネラルシャドウ様(だから違)や臨獣殿の方が気になります。


「電王」
衝撃を受けると意味がない着ぐるみの問題は解決したのでしょうか(笑)
そういえばどこからか矢車アニキの声が聞こえてきたような気がするのは気のせい?

劇場版(と思われる)の映像をあんなに出してしまって大丈夫なのかと逆に心配になってしまいます。
いざ映画館に観に行った時の感動やら何やらが薄れてしまわないか・・・

今週の桐坊・・・ついにハナのラリアットを喰らってしまいましたね。
イマジンの攻撃をかわすのはさすがですが・・・
ところで、デネブの被っていたあのスイカ、欲しいなぁ(笑)
今回も色々とありすぎて冒頭のお姉ちゃんの寝起き姿の衝撃が隅に追いやられてしまいました^^;

次回は・・・恐れていたことが。
あの4バカの掛け合いはもう見られなくなってしまうのでしょうかね・・・
クライマックスフォーム・・・






さて。
TSU○AYAの半額セールで借りてきた「仮面ライダー剣」のDVDを一気に視聴しました。
いきなりぶっちゃけた話で恐縮なのですが、実はこの作品、本放送第1クールの頃は好きじゃなかったんですよ(苦笑)
主人公の演技の問題、ライダー同士の遠慮のない殴り合い、イライラしてる登場人物・・・
でも。
観ていくうちにどんどん好きになっていったんです。
改めて最初からDVDで観直すと、落ち着いて話を追えます。

序盤の演技に関しては・・・まぁ仕方ないとして、登場人物がイライラしまくっているのも無理はないかなぁ、と。
突然崩壊した組織、BOARD。
先行きの全く見えない状態では剣崎も栞もそりゃあイライラするのも当然というものです。

利用されることが多いイメージがある橘さん。
この人、TVでも劇場版でも妙なミスリードの役目を負っていますが、よく考えるとスタッフにも利用されているんですね
その立場やキャラなど・・・
第1話で剣崎に「その純粋さを利用されないように気をつけるんだな」と言っているのは何とも皮肉。

利用していたピーコックアンデッドの伊坂さん。
彼が本格的に出てきてから少しずつ落ち着いて観られるようになったと思います。
渋いよ旦那!カッコいいよアンデッドの御姿!
ただ・・・カリス(=マンティスアンデッド)を知っていたはずなのに、腰のベルトにツッコミを入れないのは何故?
最後までジョーカーだとは気づかずに終わったようですが・・・

そのジョーカー。
第3話で出てきた「Double Joker」の設定からして最初からジョーカーの存在は設定されていたのは言うまでもないことでしょうが(ていうか当然)、この「Double」は何を意味しているのでしょうか?
TVだけで言うのであれば、終盤の2人のジョーカー、剣崎と始を意味しているのはすんなり理解できるのですが、劇場版の「MISSING ACE」のアルビノさんは?

個人的にはTV版の最終回と劇場版は剣崎の選択の結果生まれる可能性だと思っています。
世界を救うべく剣崎が下した決断・・・
・ジョーカーを封印する →劇場版
・自身がジョーカー化する →TV版
これが上のように分岐している・・・と思っているのですが。
ただし、いろいろと矛盾が発生しちゃうんですよね^^;
劇場版の最後ではジョーカーが封印された時点で残った1体はアルビノジョーカーのみ。
と、なると。
アルビノのダークローチが大量発生してしまう。
TV版の設定をそのままにするならそうなってしまうわけです。
逆に、TV版だとジョーカーが残った時点でダークローチが大量発生していますが、これだとその時点ではアルビノが存在しないことになってしまいます。
こうなってくると、もはや選択の問題ではなくなってしまうのですが・・・
根本的な設定から食い違ってきてしまう以上、TV版と劇場版は物語のどこかで分岐したパラレルワールド以上に全く違うものとして見なければならないのでしょう。
でも。
そう考えてしまうのも夢がないので^^;


「仮面ライダー剣」といえば、何かと台詞回しがネタになりますが^^;
やっぱり繰り返し何度聞いても第1話の「本当に裏切ったんですか!?」が、「オンドゥルルラギッタンディスカ!?」にしか聞こえません(苦笑)
「ヒロセサン」が「ヒロシサン」に聞こえてしまったり・・・

第1話の冒頭でブレイドが海岸線をブルースペイダーで爆走している時に「剣崎君!南西に20kmよ!」と言っているところ。
どうしても「7020kmよ!」としか(汗)
とんでもない距離ですわな^^;
他のエピソードでは2桁ですので20kmの方が正しいとは思うのですが・・・

特に笑ったのは第2話とか第10話。
2話のカリスがアンドッド語をまくし立てながら戦うシーンで・・・
「オゥ林田!」と天音ちゃんに言っているようにしか見えません。
誰だよ林田って!
クロ高か!
10話の方では・・・
「やっぱり変だよ、橘さん・・・!」と小太郎が言った直後に・・・
「ヘンジン!」と叫んで変身する橘さん。
認めるのかよ!
実際かなり変な人であるとは思いますが

1クールが終わって次からはレンゲルが登場したり上級アンデッドが登場したりする2クール分へと突入して行きます。
果たして借りてこられるか^^;
半額の時は競争が激しかったりしますしね・・・

ちなみに、タイトルの「ウェーイ!」とはブレイドの掛け声です。
Commented by 爆破・スタント大好きMr. N at 2007-08-05 23:17 x
私の休日はライダーづくしでした。
「ZO」と「J」です。
「J」はホントにでっかく・・・
いやぁ、「ZO」見ちゃうと平成のライダーはひどいですな。
劇中は爆破沢山、バイク描写多数、んでもって体当り&ビルから落下!!
グッときました。映画だから予算はそれなりにあったんでしょうけど、アクションものはああでなくっちゃ。
平成ライダーなんて、炎はCG、バイクあまり乗らない、派手なアクションもほとんどない・・・いいのかこれで!?
人間ドラマも大事かもしれないけど、ZOやJみたいにわかりやすいヒーロー像を子供たちに示すのも大切かもしれませんね。
龍騎は子供にはマズイのでは・・・?
Commented by 早瀬五郎 at 2007-08-06 18:19 x
私はアルビノに関しては、実際のトランプと同じく白札だと思ってます。
(親切なトランプには白札ついてますよね)
無くしたカードのかわりにマジックかなにかで「スペード4」とか書いて代用するやつ。
白札志村君にしてみれば、ジョーカー以外のカードに化けても意味ないですよね。結局(カードの強さで)ジョーカーに負けてしまうので。
しかし、何かのはずみでジョーカーが封印されてしまった(劇場版)。
これはもう、「僕がジョーカーです。」って出て行くしかない。マジックで「ジョーカー」って書いて(笑)。
ところが本物ジョーカーがどこからともなく出てきて、用なしになってしまった。もう、トランプの持ち主にしてみれば「ジョーカーてマジックで書いてしまった白札」は破いて捨てるしかない。それが劇場版の志村君の定め。

文字数オーバーにつき、続きます・・・
Commented by 早瀬五郎 at 2007-08-06 18:20 x
今度はTV本編ですが、ず~っと白札で出番を待っていたものの、ジョーカーがいなくならないどころか、もう一枚ジョーカーが増えて、ますます出て行きづらくなった。
で、最終回、志村君は善良な警官としてつかず離れず見守っているわけです。
「あーあ、あと何万年かは出番ないなー」
と心中ひそかに思いながら。それがTV版志村君の定め。
どのみち何かの代用でしか出番の無い、白札志村君には、あまりいい結末が無い。

そう解釈すると、劇場とTVが上手く繋がりません?
あくまで私の主観ですが。

でも結構どのような解釈も出来そうなんですよね。
こういう、ハンドルの遊び部分をこね回す余地がわりと多めにあって、剣は好きなんです。
別名「設定に隙が多い」とも言うのですが・・・。
Commented by sonokichi at 2007-08-06 22:54
>Mr.Nさん
観ましたか!「ZO」!
あれは・・・本館にも書いたことなのですが、平成を見慣れていしまった私にとって凄く嬉しかったといいますか・・・
とにかく私が望んでいた「仮面ライダー」そのものだったんですよ。
ZOがZブリンガーに乗って颯爽と現れるあのシーンで完全に惚れました。
平成は・・・確かに・・・CGとか多用してアクションの面ではかつての「仮面ライダー」の姿はなかなか見当たらないかもしれません。
それでも、評価できるものはありますし、頭から否定することはしたくないんですよ、私は^^
Commented by sonokichi at 2007-08-06 23:06
>早瀬五郎さん
アルビノさん、その考え方があったか!と思いました。
白札・・・!
白札に「ジョーカー」と書かなければ、人間の一人としてバトルロワイヤルに参加するアンデッドの一員として見なされることもない・・・
やはりズルい奴だアルビノ(笑)
そのように考えると、TV版でチョイ役として警備員・志村が出てきたのも頷けるような気がします。

「剣」はツッコミどころが満載である設定ではありますが、ある程度広げた風呂敷はちゃんと畳んでくれたことを個人的には評価したいです。
他のライダーは広げた風呂敷を畳みきれないまま終了してしまうところが多々見受けられますし^^;
ライダー同士が殴りあうことがあっても最終的にはきちんと手をつなぐことが出来るのも好感度は高いです。
やはり「仮面ライダー」と名乗る以上、悪の存在であっては欲しくないんですよね^^;
Commented by タロス at 2017-03-29 07:43 x
僕は恐竜戦隊ジュウレンジャーの26話の「カキ氷にご用心」と獣拳戦隊ゲキレンジャーの23話の「グレグレ!スケ番キャプテン」みたいにヒロインがヤンキーのねーちゃんになる話が大好きですね。
by sonokichi | 2007-08-05 14:13 | 特撮ヒーロー | Comments(6)

毎日更新する気力を失ったブログ不定期運行中


by そのきち